派遣労働者の場合の安全管理者や産業医の選任は、派遣元と派遣先のどちらが選任するのか教えてください。

派遣労働者の場合の安全管理者や産業医の選任は、派遣元と派遣先のどちらが選任するのか教えてください。

2010.07.01

【ポイント】
派遣元だけでなく派遣先にも選任義務があります。

【説明】
安衛法により、事業所ごとの労働者数が一定人数以上になれば、安全管理者や産業医の選任を、原則的には雇い主に義務付けられていますが、派遣労働者の場合は、派遣法第 45条に『派遣先の事業主を派遣労働者を使用する事業者とみなす』とされているので、派遣先も安全管理者や産業医の選任義務を負うことになります。

安全管理者については、事業場の安全に係る技術的事項を管理しなければならないので派遣元ではなく、実際に労働している派遣先が選任義務を負うことになり、産業医に関しては、労働者の健康管理や作業場の巡視を行わなければならないので、派遣先と派遣元の両方で選任が義務付けられることになります。

このように選任する対象によって、派遣元と派遣先の両方に義務付けられている場合や、派遣先だけに選任が義務付けられている場合とがありますので選任に関し次の表を参考にしてください。

項 目 派遣元 派遣先
総括安全衛生管理者の選任
安全管理者の選任
衛生管理者の選任
安全衛生推進者の選任
産業医の選任
作業主任者の選任
安全委員会の設置
衛生委員会の設置

【関連条文】
■関連法令
安衛法第10条、安衛法第11条、安衛法第12条、安衛法第13条、
安衛法第14条、安衛法第17条、安衛法第18条、派遣法第45条
■関連通達

■関連判例

■罰則
衛生管理書等を選任しないと安衛法第120条(選任義務違反) -50万円以下の罰金

Tag:

このページの先頭へ